医療事務          サイトマップ

医療事務 魅力と給料

医療事務の魅力

医療事務の仕事の魅力としては、たとえ資格がなくても働くことができたり、勤務体制が豊富にあったり、スキルアップができるなどの様々なものがあります。
スキルアップができるという点については、医療に関する様々な情報や知識などを得ることができます。

患者さんの中には、普段通院している病院なのでケガの治療を内科で診てもらいたいというような方もいます。
ですが、このようなケースでは、まれに骨折をしているようなケースもありますので、整形外科での診察をすすめることになります。
また、頭を打撲したため、整形外科に行くと、脳神経外科での診察をすすめられるようなケースもあります。
このように、ケガや病気によって何科にかかればいいのか判断できないような患者さんも多くいます。

医療事務の仕事を行っていると、自分の家族や友人などが病気やケガなどになってしまった場合に、何科で診てもらえばいいのかをアドバイスすることができるようになります。
このような医療の知識を自然に得ることができるというのは医療事務という仕事の魅力の一つともいえるでしょう。
また、医療事務の仕事を行っていると自分や家族や友人などが病気になってしまった場合にかかる診察代や医者から与えられた薬の効果などもおおよそ分かるようになります。

医療事務の仕事を行っていく上で得ることができる知識が、日常生活の中でも生かすことができますので、医療事務という仕事はやりがいがある仕事であると言えるでしょう。

医療事務の給料

医療事務の給料は一般事務と比較するとやや高いと言われていますが、実際のパートの時給としては、地域によっても異なりますが、だいたい850円〜1,000円位といったところが多くなっています。
医療事務の資格を取得していたり、医療事務の経験があるという方の場合では、時給が1500円くらいのところもありますが、平均すると一般事務職とさほど変わらないというところが多くなっています。
ですが、専門性の高い仕事ができるような方であれば、もっと高い時給をもらえるところもあります。

医療事務を派遣社員で行う場合の時給は1000円〜1500円くらいが平均的となっていますが、未経験者の場合では、時給も多少下がるというところが多くなっています。
また、派遣社員の場合は正社員と違って、ボーナスなどは支給されません。

医療事務を正社員で行う場合の給料はおよそ15万〜20万くらいというところが多くなっています。
また、正社員の場合ですと社会保険なども完備しているところがほとんどとなっており、他にもボーナスや残業代などもしっかりと支給されます。

医療事務という仕事は雑用的な仕事から専門的な仕事まで、様々な仕事を行いますがその割には給料は少ないと感じられる方もおられるかもしれません。
ですが、独身の女性は結婚後でも勤務体制を変えて働くことができますし、主婦の方でも短時間の勤務が可能となるなどの利点もあります。
また、医療事務の仕事を長年行っていると、退職後でもレセプトの期間だけ働かせてもらえたり、別の医院のレセプト業務などを依頼されたりすることもあるということです。

医療事務という仕事は、それぞれの病院やその人の持っている能力や過去の実績、地域などによっても時給や給料の差はかなりあるといえるでしょう。


医療事務ページTOPに戻る